42歳からはじめるコンビニバイト
コンビニバイト、言うは易し・・・されども、成すは難し。約一年のブランクを経て今よみがえる!! (かっこいい???)
幽霊コンビニ
20060207100901
タイトルとはまったく違う画像ですが・・・
焼酎の「いいちこ」さんの所から発売されているゆずのリキュールです。
以前MIKIねっとさんのところで似たようなリキュールを紹介されていて、これは売れるかもって思った矢先に商品リストにアップされたものでついつい仕入れちゃいました。
最初は自分で呑もうと思って1本だけ仕入れたのですが、次の日には売れてしまって気を良くしたぺいゆは次に2本仕入れたのですが、未だに残っています・・・
さらには、炭酸水も発注してしまいそれも売れないまま。
この責任はどうやって取るの?みたいな声が聞こえてきそうです。どうしよ〜

おはようございます。ぺいゆです。

タイトルの話に戻しましょう。
当然ぺいゆの勤務するコンビニでは有りませんよ。(もしうちのコンビニだったら深夜勤務は無理でしょう。怖いし・・・)
他県の専門学校に通う林田君の友達がアルバイトをしているコンビニの話です。

そのコンビニには、深夜になると招かざるお客様がいらっしゃるそうです。
そう、幽霊・・・

深夜二人で仕事をしていると、入り口から(当然ですが)おじさんが入ってきて無言のままトイレに入るそうです。二人で「いらっしゃいませ〜」と挨拶をして何気なく仕事をしていると先輩アルバイターが

先輩:「ちょっと長くない?トイレ?」

林田友:「そうですね〜長いですね〜。」

先輩:「ちょっと見てくるわ。」

一生懸命に仕事をしていると時間が分からなくなるものです。お客様がトイレに入って30分以上過ぎていたそうです・・・

トイレを見に行った先輩は

先輩:「鍵がかかってた・・・」

今度は二人で様子を見に行きます。

「お客様〜、どうかなさりましたか〜?」

トイレは無言です。もう一度。

「どうかなさりましたか〜、開けますよ〜」

2〜3度このようなやり取りをしてトイレの鍵を開けたそうです。

中にはだれも居なかったそうです。

このコンビニではこのような事件がたびたび起こるそうです。(よく深夜勤務ができるな〜と感心します。)
そして、このような事件でも慣れるそうです・・・人間の対応力はすばらしいと思います。

なんでも、そっちの道に詳しい人の話では、コンビニ裏のお墓があって霊の通り道がちょうどトイレらしいとのこと。

深夜のコンビニは確かにお客様は限られています。しかし、このようなお客様はご勘弁願いたいところです。よっぽど、サッカー小僧や酔っ払いの方が扱いやすいというものです。

林田君がこんな話をするので、かすかな音に微妙に反応するようになりました。(笑

そういえば、うちのコンビニの前はパチンコ屋さん。その後ろはお墓です。
お願いですから、トイレを使ったあとはちゃんと入ってきたとおりに出て行ってもらいたいものです。
ぺいゆ達がそうゆうお客様と分からないように。

途中で消えたりしたらだめですよ。



ダーツ投げてみる?

人気ブログ投票に参加しています。
よろしければクリックを。
【2006/02/07 10:23】 コンビニ | トラックバック(0) | コメント(3) |


Search Engine Optimization
ぺいゆ
  • Author:ぺいゆ
  • 42歳になって始めてコンビニエンスストアでアルバイトをすることになって約4ヶ月、途中で移籍したりブログサーバーがクラッシュしたり、なかなか波乱万丈の人生を送っています。
    コンビニを通して、自分の生き方を考えて見ます。?
  • RSS
01 | 2006/02 | 03
[S] M T W T F [S]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


  • アクセスアップ