42歳からはじめるコンビニバイト
コンビニバイト、言うは易し・・・されども、成すは難し。約一年のブランクを経て今よみがえる!! (かっこいい???)
まるごと苺。
20060317102901


ヤマザキの「まるごと苺」です。
中にイチゴが丸のまま(ヘタは取ってあります。)3個入っています。
 
おはようございます。ぺいゆです。
 
この「まるごと苺」売れます。
イチゴ3個にはみ出すようにたっぷりのクリームをやわらかいカステラ生地でロールしてあります。
フワフワで包みを開けるときに注意しないと壊れちゃいそうです。
 
一日に5〜6個は売れていると思います。それゆえになかなかぺいゆの口に入る事はありません。(泣
 
しかし、このフワフワおいしい「まるごと苺」にも問題点が・・・
あっ、お客様が気にする問題点ではありませんよ。あくまでスタッフ側の問題点です。
 
その問題は、袋詰めにあります。
ベテランの人なら問題にならないでしょうが、深夜勤務の3人は袋詰めがヘタ・・・
この「まるごと苺」をお客様がお持ちになるとぺいゆは一瞬かたまってしまいます。
 
レジを通しながら、まず袋のサイズを決めます。これは頭のやわらかい人なら問題ないのでしょうが、固まりかかったぺいゆの頭で考えるのはかなり辛いものです。
袋の容積>お客様の買い物の量になるのは基本ですが、あまり大きすぎる袋は荷崩れの原因になります。したがって袋の容積≧お客様の買い物の量を目指します。これが決まった時は、人に見せびらかしたくなります。(笑
 
袋詰めの順番にもルールがあります。硬いもの重たいものは下に順を追ってやわらかく型崩れしやすいものが上になるように。また、HOTドリンクや温めたお弁当は別の袋につめます。
 
文章にすると、な〜んだといった感じですが実際やってみるとこれがとても大変な作業で、決めた袋のサイズを頭の中で思い描き、そこにレジ打ちした商品を縦にしたり横にしたりして入れていきます。商品によっては縦にできないものとか有るし、順番を間違えると荷崩れするし・・・
 
バイクでおいでのお客様には出来るだけ一つにまとめてあげたいし、でもそんなときに限ってお客様は、お弁当・500mlのペットボトル・HOTのペットボトル・それに「まるごと苺」のような組み合わせでレジに並ばれます。
 
お客様は袋詰めを考えて買い物をするわけでは無いので仕方がないのです。自分を鍛えるしか方法はありません。
(しかし、いまさらながら実習の時にこれは勉強させたほうがいいでしょう。と思っています。)
 
前にいたコンビニの相棒はこの袋詰めの達人で、商品をつめた袋がしゃきっと立つんです。ホント!!
ぺいゆが同じものをつめると立つには立つけどだらっとして勢いがない・・・
あんなふうに袋詰めが出来るのはいつのことやら。
 
平然とレジをやってるように見えて実は結構考えてやってるんですよ。(笑
 



ダーツ投げてみる?

人気ブログ投票に参加しています。
よろしければクリックを。
【2006/03/17 10:29】 未分類 | トラックバック(1) | コメント(6) |


Search Engine Optimization
ぺいゆ
  • Author:ぺいゆ
  • 42歳になって始めてコンビニエンスストアでアルバイトをすることになって約4ヶ月、途中で移籍したりブログサーバーがクラッシュしたり、なかなか波乱万丈の人生を送っています。
    コンビニを通して、自分の生き方を考えて見ます。?
  • RSS
02 | 2006/03 | 04
[S] M T W T F [S]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


  • アクセスアップ